学芸員という生き物について

博物館で生業を立ててる人のはなし。

古巣の現在の状況を知る

たまたま以前勤めていたところの人と会うことが会って、互いの近況とか現在の職場の状況とか聞いたんだけど、まあわたしがいたときより大きく変わったよなあっていう印象しかなかった。

いや、わたしがいたときのままとかだったら、それはそれでかなり嫌なのだが。

相変わらずのところと、そうでないところと、新しく変わったところと、いくつかかいつまんで話してもらったが、わたしいたときより「平和」になっていたのが正直うらやましいと思った。だからといって戻る、という選択肢は無い。収入の面もそうだし、すでに新しくできた対人関係の中に割って入るようなことはしたくない。というかできない(当然だが)。

なので、いろいろ思うことはあるけど「そうなんだあ」程度で留めておく。

ただ、バチバチなとことが相変わらずバチバチらしくて「それは…それはもうどうにもならないな…」としか言いようが無かった。わたしがいたときからバチバチがあったんだけど、それが今もあるという話でちょっと驚く。驚くがまあそういうもんだよね。組織とはいえ、最終的には人対人だし。大丈夫かなあという感想はあるけど、離れてしまった自分としてはそれくらいしかできない。

何というか、そうやって変わっていくんだな。複数年いるのも大事だけど、「水が腐る」前に移動できて自分も良かったし職場も良かったんじゃ無いかなと。

今はそういうことだけ思っておく。

仕事のレクチャーを人様にするのって大変

はい。学芸員だけど片足を教育現場というものに突っ込んでるので、年に数回「こんなことをするんですよ」説明会も担当している。慣れるまではちょっと大変だったけど、前職前々職で鍛えた?アドリブ力とかそういうのを駆使してなんとか乗り切れるようになってきた。

まあ、涼しい顔しながら「うっどうしよう!」と焦ってるんだけどさ。

それで、自分の仕事とかそういうものを説明するのって割と大変だと毎回思うわけ。

何が大変かって、教科書とかに載ってないことの方が多いし、その現場での話ってのをいかに盛り込んでいくかっていく話の組み立て方が難しい。自分でも「あー、わたしこういう仕事してたんだっけか」みたいなこともあるので、全容なんて把握できそうに無い。

展覧会、調査研究と教育普及、みたいな花形だけできてるように思われたらちょっと困る。現場はもうちょっと泥臭くて、チラシのデザインから配布、資料清掃から写真撮影、庭木の整理とかそういうものまで対象になる場合もある。一度屋根の補修とかやったな台風の日に。

っていう話をすると大概驚かれるんだけど、わたし自身も驚いてるから変な職業だと思う。

特に小さい博物館/資料館にいると、ひとりであれこれする必要もあるし、なんなら若い男手がわたしだけ、という場合もあるから大工仕事から重い荷物運びから、いろいろ頼まれることが多い。職業的に変な構造になってるところもある。

まあそういう雑芸員みたいなことをしゃべらなきゃならないわけだわ。相手はいまひとつピンときてない感じの時もあるけど。「それは環境が悪かったのでしょう?」みたいな。いやーそれはそうなんだけど、そういうところもあるよという話で。「わたしはそんなところ行きませんけど」というのが相手から見え隠れする時もあってちょっと辛かったりする。

程度の差はあれ、似たようなところ多いんだけどなあ。ほんの一握りの立派なところを事例にされると話がそこで終わってしまうわけだが。

言いたいことは山ほどあるんだけど、言ったら大変なのでこの辺でやめとこう。

ともかく、そのレクチャー業のためにパワポ作って説明の練習して、ていうのを土日やっていたんだけど、毎年毎年追加するものが増えてしまい、まるで秘伝のスープあるいは秘伝のタレのような雰囲気を出している。あれ秘伝ていうけど実際のところはほぼ新しいのに置き換わってるっていう話だよねっていう余計なことは置いといて、パワポが継ぎ足し継ぎ足しなのでだいぶ重くなってしまった。動画まで入れたら8GBあったけど、別パソコンで開いたら「ファイルが破損しています!」とかふざけたことを言われてしまった。仕方ない、動画省いて別の場面で見せよう。当日の直前に確認しなくてよかった。

そんな感じで準備していたとしても、伝わってなかったりするから難しい。参加者の半分くらいが話をわかってくれればいいかなと、そのくらいの気持ちで臨もうと思う。

「定点」撮影って面白くないよな…特に記録であればなおさら

ソニー(SONY) ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 ホワイト 内蔵メモリー64GB 光学ズーム30倍 HDR-CX680 W

こないだ展覧会の設営風景をずーっと定点で動画撮影していたんだけど、これがまあ後から見返してみるとものすごくつまらない。つまらないというか面白くないんだよね。現場にいたわたしとしては、作業中はいつも面白いし、もっと作業したいなと思う時があるんだけど、動画で見返してみるとまあ単調で面白くなくて、なんだこの作業、絶対やりたくねえなとか思ってしまった。当事者であることと、客観的という視点で見える風景は全然違うんだなと。

なんだろ、文化人類学のゼミの時間を思い出すな。

それで、これをアーカイブ資料として残していく必要があるのでとりあえず撮って出しを作ろうと思うんだけど、これがまあ何というか大丈夫かな、ほんとに必要かなとすら思えてしまう。だってよう、1日あたりの記録時間が約5時間でそれが4日間あるんだぜ。都合20時間分の定点がある。NHKの72時間に比べると少ないが、しかしそれでもそれなりにデータ量はある。これを単に繋いだだけの映像を出力して、それからまた編集して数分間分のものを作ってとかなると時間いくらあっても足りないなあなんて思うワケで。だからテレビのドキュメンタリー番組とかの編集ってすげえんだなあって思う。自分でやってみて分かるよそれ。というか、同様にYouTuberの人たちも撮って編集しての繰り返しを根気よくやってるんだよね。んでそれを週の決まった日にアップしているとか。それはすごいなと思う。

で、これどうしようかなあって。M2詰んだMacBookProでも普通に1本2時間くらいかかるからその間他の作業できなくなる。一度Macから出力して、残りはWindowsで繋ぎなおしたり編集したりで出力した方が早いかなあ。Windowsで使ってるPOWERDirectorが旧式だけどCUDAに対応しているので、それ使った方が出力早くなるといいんだけどどうなんだろうな。あんまり変わらなかったりして。

ちなみに、いろんな仕事をしてためてきた「定点」撮影の動画ソースがそれなりにあるんだけど、これらもいい加減編集とか加工とかしなきゃなと思いつつその時間が取れずにいる。片手までできれば一番いいのだがそういうワケにもいかないし。

どうしようかな。考えてる間にもソースは溜まっていく。

【くらし】立替ばかりで破滅しそう

シャチハタ 科目印 立替金 X-NK-029

仕事に必要なものを立替で購入していたらあっという間にわたしの貯金というか自分で自由に使えるお金が底をつきそうである。

というか、もう結構ヤバイことになっているので早くお金戻ってこないかなあと待っているのだが、おそらく次の給料日に支給されるのでそれまで待たなくてはならない…うう、かなり厳しい戦いを強いられてるなこれ。収入はあがったのに、支出がその分増えた気もする。だいたい一馬力で稼ぐのにも限度があるんだけどな。

で、今日はその支出に加えてWealthNaviへの入金引き落とし日という、ちょっと大変な日になってしまった。いやあ、ある程度余裕がある時に口座開設して資金投資ができるように組んだから、現在の状態で引き落とされると割と大変。なんでこうなるのか…ボーナス支給日も近いのでそれにあわせてある程度家庭内立替分も返ってくると嬉しいのだが、多分無理だろうなあ。副業とかで埋め合わせができれば一番良いのだが。

とりあえず、早いとこ返ってきてほしいです。わたしの小遣いはもうないよ!

【くらし】固定費を抑えようと考えるけど…

f:id:swordfish-002:20240527125124p:image

スマホの調子が良くなくて、ぼちぼち新しいのに変えようかなとか考えているんだけど、いざdocomoのページで見ると、分割にしてもすごい額になるのね。以前は24回払いが標準だったように思うんだけど、今は36回払いがデフォみたいになっていて、それでもiPhone15 Proで3700円くらい毎月払わないといけない。これに通信量が別途かかるので都合1万弱。今ahamoに切り替えてるけどオプションつけてるのもあってやっぱり最低価格では終わらない。仕事で長い通話もする可能性があるのでかけ放題的なものをセットしている。本当はLINEとかそういう通話アプリ経由で連絡して欲しいんだけど、どういうわけか長電話する人に限って「俺、アプリ使わないんだよね」とか自慢げに言うの何とかならないかなとも思う。

まあ、最近はそういう電話も無くなったので外してもいいかななんて思ってるけど。

流石にそれだけの金額を支払う余裕がなくて、一世代前のiPhone14にしようかと考えたけど、24回まで900円台なのに25回以降は急に5000円近く支払わされる仕組みになっていて、結局スマホを返さないといけない。最新スマホに次々切り替えるならまだしも、割と現状の性能で満足している部分が多いし、普通は自分のものになるはずなのに何で返さなきゃならないのだという抵抗感が強い。

容量が足りないのがなあ、それだけが今ネックなんだよな。

んで、乗り換え先としてAndroidも見たけど、安いけどGoogle次第でどうなるか分からないのでそっちの方が怖いなと。あと、Apple製品で構築された環境から離脱できそうにないのでちょっとした不満を抱えつつもAppleで、iPhoneでどうにかするしかないのだ。

新しいのが出たとしてもおそらく分割支払い金額は3000円4000円とかだろう。そんなお金が出せるようになりたいわ…以上を考えた結果、もうちょっとだけiPhone8 Plusを使うことにした。バッテリー交換という禁断の手法を使うつもりだ。でもこれで延命できるなら積極的に使っていきたいところ。あとは容量だけが問題か。買った時は64GBで十分だと思ってたんだけどな。写真のiCloud連携とかやめてしまえば20GBくらい空くけど、ある意味その機能が便利だからiPhoneにしてるようなもんだし。止めるわけにはいかないな。

せめてmicroSDでも入ってくれればいいんだけどな…無理な話だ。NIKKEとかウマ娘やりたいのに容量が足りないからFGOしかできてない。あのとき128GBを無理にでも買えばよかったか。

…いつの間にかスマホも高くなってしまった。ああ。こういうのをちゃんと支払えるだけの財力があればいいのにな…とほほだわ。

リアクションなし、が一番堪える

SNSマーケティング7つの鉄則 (日本経済新聞出版)

担当した企画展示が始まったので、いそいそと告知をしているのだが(人手が無いので全部やらなきゃなのよ!)、これがまた反応が薄くて困る。ホームページはまだしも、ちょっとしたSNSに投稿しても反応がないので結構堪えている。

はあ、ガックリ、みたいな。

いくら告知用SNSを頑張ったところで、見ている人からのリアクションが無いのは結構堪えるものがある。なんの反応もないのか…いや、見てないだけかなああでもそれだと告知の意味がないし…などなど、考えてしまう。

おそらくもうそういう告知を流すだけのSNSのフェーズは終わっていて、何かしらの味を加えたやり方で告知していくのが主なのかもしれない。例えばキャラを作るとか、他の公式に絡みにいくとか。「中の人」感を出すとか。まあこれはこれで良し悪しがあるな。タカラトミーの後方の中の人も炎上して変わったし、シャープももう怪しいことになったし。企業ではないけど、その館のイメージを崩さないようにと予防線を張りまくって投稿してみると、無味乾燥な、「お役所」感あふれる投稿になってしまう。そしてそういう内容であればあるほど反応されない。

…もしかしてこれももう終わってるのかな…

困ったもんだわ…どうしたものか。

今のところ、関係方面への告知でいくつか反応をもらったものの、その反応してくれた人が関係者ばかりだったりする。別のSNSでは関係者すら反応してくれなかったりで、なかなかに厳しい。あまりにも硬い、単なる展覧会趣旨と会期とそのくらいの内容だったのがよくなかったか。でもさ、告知ってそういうもんじゃないのかな。え、違うのかな。

以前の職場だと広報計画も立てたし、広報担当者がいたので相談しながら進められたけど、今のところではひとりであれこれしなきゃならない。久しぶりのワンマンアーミーだ。自分であれこれできるのはいいけど、やっぱり時間はかかるし、会期スタートには間に合うか合わないかどっちなんだい!?的スケジュールになってしまう。

おまけに広報するにしても相談相手がいないので(関係者に相談持ち掛けて皆忙しくて断られる)、ひとりChatGPTに壁打ちしている。あいつはそういうのは不得意なんだよな…でも反応返してくれるのが嬉しいんだよな…

あかん。ちょっとしんどくなってる。

とりあえず地道に地道にやっていくか。もしかしたらアカウントがあること自体知られてないかもしれないし。うん。きっとそうに違いない。そう思ってまずは地道にやっていこうと思う。そうしよう。

【くらし】「おまかせNISA」が可能になった

ロボアドバイザーウェルスナビ

ウェルスナビの機能「おまかせNISA」を始めた。

いやまあ、銘柄選んだりなんだりして登録とかやってみようと考えていたんだけど、どこにするか決まらないし、何なら選んでる時間もないだろうなと。こういう性格なので人からの情報に流されるだろうし…という自身の優柔不断さを理解した上での「おまかせNISA」である。

つまりまあ、ロボにわたしの資産を一任するわけだ。

申し込みから実際に可能になるまではだいだい1週間かかった。ウェルスナビの口座がある人はそこから登録できるので若干早いのかな。まあでも税務署に提出するマイナンバーカードとかそういうものの画像が必要だし、税務署の審査があるのでちょこっと時間はかかるから、今すぐにというわけにはいかない。他の金融機関でNISAする時もそうなのだろうか。

審査に通ったらあとは積立の金額を設定して、お金の引き落としがあってスタートらしい。わたしは微々たる額を設定してスタートした。月10万とかそれくらい入れてみたいが、そんなお金どこにあるんや…という気持ちでいっぱいである。

とにかく自分のお小遣いの範囲から出せる額。ちりつもでどうにかいい具合に増えてくれればいいが、実際のところはどうなんだろうな。

長期長期。長期戦を前提にがんばっていこう。